ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

物語や歌

C089. 化け物アフンルイ

あらすじ


 私は狩りに行くために犬を飼っていました。犬の名前はアフンルイとつけました。ある時犬を連れて狩りに行っても何もとれず、狩小屋に泊っていると、自分が泊っている家の山の方から「フーム!」という声がして、だんだん山から下りて来るように聞こえました。するとそれは「アフンルイは私だ」と鳴く鳥の声で、私は驚きました。私と犬は横になって寝ていましたが、身動きがとれませんでした。だんだんに声が近づいて、狩小屋の前まで来て戸口に入って来ました。すると火が突然はじけて、私は動けるようになりました。火の燃えさしを持って立ちあがり、その鳥を見ると、それは人間ほどもある一本足の大きな鳥でした。燃えさしをまき散らしてその鳥が帰ってしまった後で、神に祈りました。そして翌日眠っていると夢を見ました。あの鳥が「私の名はアフンルイというのだ。でもおまえが自分の犬に同じ名前をつけているので腹が立ってやったことなのだ」というのでした。
 私は「これからはこの村には来ないつもりです」と火の神様に祈り、家に帰りました。「犬の名前はうかつにつけるものではないよ」と、ある男が体験談を語りました。

 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー