ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

物語や歌

C090. 竜巻にさらわれた女

あらすじ


 私はひとりの男で、妻を持っていましたが、狩りをするために山へ行くときは妻を家に置いて行っていました。ある日私が帰って来ると、トイレに行く途中で妻の足跡が消えていました。それから妻は行方がわからなくなり、2、3ヶ月いなくなったままでした。私は悲しんでひとりで暮らしていましたが、ある日私の家の尾根に沿って山を登って行くと、どこからか大きな竜巻がやって来ました。木にくっついてその様子を見ていると、その竜巻の中に、私の妻が裸で6人の男といるのか見えました。妻は泣きながら私の方を向き、こう言いました。「私の旦那さま、私の話を良く聞いてください。この竜巻は私に心を寄せていたのです。私がトイレに出たところ、竜巻に巻き上げられてしまい、いくつも村を越えて運ばれて行き、着物もすっかりなくなってしまいました。私は悪神にされてしまったので、もう人間の世界に帰ることはできません。旦那さまのところには、どこからか立派な淑女がやって来るでしょう。私のことは忘れ、その人と結婚してください」。私は驚いて腹を立て、何度もつばを吐きながら竜巻が行ってしまうのを見ていました。私は自分の体を祓って家に帰りました。そしてどこからかやって来た淑女と結婚し、子供もできたので「竜巻は恐ろしいものだ。見かけたら、陰部を出すおまじないをしながら逃げなさい」と教えました。このようにどこかの男が体験談を話しました。

 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー