ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

物語や歌

C123. カワウソと倉の魚

あらすじ

 

 おれはカワウソ。人間が蓄えている魚をねらって倉にしのびこみ、魚をぬすんでまわっている。人間がこう話すのを聞いた。「上の魚に毒を入れろ。下の魚に毒を入れるな」そこで俺は倉に入って、上の魚をぽいぽい投げてしたの魚を食った。そうしていて、また人間がこう話すのを聞いた。「上の魚に毒を入れろ。下の魚に毒を入れるな」そこでおれは倉へ行って、上の魚をぽいぽい投げて下の魚を取り出して食ったところ、きっと下の方に毒が入れてあったのだろう。おれは死んでしまった。だから今いるカワウソよ盗むんじゃないぞ。とぬすっとカワウソが語った。

 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー