ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

物語や歌

C127. パナウンペのおなかの小鳥

あらすじ

 

 ペナウンペがいました。わたしはパナウンペ少年です。わたしは、何かを取って、それを食べながら遊んでいました。

 あるとき、わたしがおなかを叩きながら踊って遊んでいると、何の鳥の声なのか、おなかの中から「カニートゥントゥン、ピートゥントゥン、スウォッカララプーッ」と声がします。それが気に入って、わたしは何度もおなかを叩きながら踊りますと、そのたびに「カニートゥントゥン、ピートゥントゥン、スウォッカララプーッ」と声がしたのでした。

 すると、ペナウンペがやってきて、「パナウンペよ。どうして、お前のおなかはそんな声がするんだい?」と聞いてきました。わたしは、「自分でもわからないけれど、おなかから声がするのさ」と言い、「聞かせてあげるよ」とも言ったのですが、ペナウンペは「お前だけじゃなく、おれにもできるぞ」と帰っていきました。

 ペナウンペは、仲間を集めると、わたしの真似をして踊りましたが、何の声もしません。そのため、彼は仲間からひどく言われ、悪く言われ、ひどく叩かれてしまったのでした。

 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー