ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

物語や歌

C164. 沼貝を助けたオキクルミ

あらすじ


 川べりで日差しに苦しんでいると、人間(サマユンクル)が来て、「災いめ、なんでいるんだ」と言いながら私を踏みつけた。後に来た人間(オキクルミ)は「湖の神様が育てたものが、洪水で打ち上げられて、こうして苦しんでいるというのに、これは助けもしないで、兄が踏みつけて行った後ではないか」と言って、怒りながら私を抱えて、その人間(オキクルミ)の水汲み場であるきれいな湖に私を放した。それから「ここで暮らして、たくさん兄弟をつくったらいい」といってくれた。それで私は安心したのだった。それからサマユンクルは憎らしく悪い心を持っているから、その川には魚が一匹もいないようにしようと思った。オキクルミは心根もいいから川にはたくさんの魚がいるようにしようと思った。そうして、サマユンクルが食べ物にも困っている一方で、オキクルミは何でも恵まれているのを見ながら、私は物語りました。

 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー