ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

物語や歌

C195. 六重の喪服を着た男

あらすじ

 

 私はある村のある家でひとりきりで暮らす女の子です。どうして生まれたのかわからずに、毎日ひとりで家の中を掃除しながら暮らしていました。
 ある時家に、人間というものを見たことはなかったけれど、男の人だと思われる人がやって来ました。その人は六枚も喪服を重ねて着ていました。その人が持って来た肉を料理し、一緒に美味しく食べました。翌日はどこかに行くのだろうと思っていましたが、そのまま一緒に暮らすようになり、その人がとって来る獲物を食べて暮らしていました。
 そしてある時その男性から「妻になっておくれ」と言われたので結婚しました。夫は働き者で、私に獲物のさばき方、仕掛け弓の仕掛けなどを教えてくれました。そのうちに私は妊娠しました。すると夫は口を開き「私は石狩川筋の出身で、そこには父と母、兄がふたりいるのだ。兄たちは嫁をもらわずにいて、私が先に結婚すると、なぜか私が山猟に行っているうちに妻がいなくなってしまうのだ。もう6人もの妻が行方不明になったので、このように喪服を着て家出をして来たのだ」と言いました。そして生まれ育った家に一緒に来て欲しいと言われ、身重なので断りましたが熱心に頼まれたので、一緒に行くことにしました。

 道中、戻るときに必要だからと木を削りながら行きました。石狩に着くと、途中に川辺の洞穴があり「何か恐ろしいことが起きたら、ここに隠れたらいい」と夫は言って、荷物も全部そこへ隠しました。夫は村長の息子だったようで、村長の家にひとりで入って行ってしまいました。私が外で休んでいると、夫の妹らしき若い女性が「かわいそうに」と言って私の手を取って家に招き入れてくれました。家の中では酒宴を開いて息子の帰りを祝っているようでした。おしゅうとさんたちが夫にさんざんお酒を飲ませると、夫は倒れてしまいました。兄たちが夫のもとの家である隣家に運んで行ったので、後から様子を見に行くと、夫はひとりで寝ていました。声をかけると、なんと夫は死んでいるのでした。驚いて泣いていると、壁際にきれいな女性が立っていて「泣かないで逃げなさい。ここにいてはあなたも殺されてしまいます。ここの家の男たちは、末の息子が優秀なのをねたんで妻を次々に殺し、とうとう末息子も殺してしまったのです。さあ逃げなさい」と言ってその人は消えてしまいました。きっと殺された先妻の中のひとりだったのでしょう。それから急いで逃げて川岸の洞窟に隠れ、そこでひとりで男の子を出産しました。その子を抱いて、来る時に削った木を頼りに何とか家に戻り、泣きながら息子を育てました。

 (話者が息子に代わり)私の母は、私がものごころついた時から泣いてばかりいる人でした。そして絵に描いたりして男の仕事を教えてくれていました。大きくなってから、どうして泣いているのかと聞くと、私が生まれる前に起きたことを全て話してくれました。父と母がかわいそうで、私は敵討ちに行く決意をしました。母は止めたけれど、どうしても行くというと「ならば昔削った木の目印を頼りにし、そして仮小屋の跡をたどって行きなさい」と送り出してくれました。母に言われたとおりに進んで行くと、やがて大きな村に着き、村長の家に乗り込みました。老人の髪をつかんで「俺がわかるか」と言いました。老人は動揺していましたが、そのふたりの息子とともに殴りつけて殺し、家の外でごみと一緒に燃やしてしまいました。父が死んだ家に行って掃除をし、泣きました。村人たちは私の敵討ちを喜んでくれ、一緒に父の供養をしました。 

 母のところに帰り、私について来てくれた人たちと小さな村を作り、結婚して子供ができ、母を見送った後で自分も年を取りました。子供たちに供養をしてくれるようにと言い残して死んで行きます、とひとりの男が物語りました。

 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー