ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

物語や歌

C196. 夜襲に滅ぼされた村の孤児姉弟の話

あらすじ

 

 私は石狩川の村で暮らす男の子で、姉がひとりで私を育てていました。姉はどういうわけだか泣いてばかりいて、泣きながら私を背負って仕事をし、食べ物のおいしいところを私に食べさせつつ暮らしていました。私が少し大きくなると、姉は私を置いて山へ行くようになりました。ある時留守番をしていると、私の家の前を流れる川の向こう岸に3人の男が来て、ヨシ原に隠れたのが見えました。帰って来た姉にそれを報告すると、泣きながら「おまえは大きくなったのだから、わけを話しましょう」と言って今までのいきさつを話してくれました。
 「おまえがまだ赤ん坊の頃、私がおまえを背負って山へ遊びに行っていると、村の方から悲鳴が聞こえて来ました。そこで恐くなり大きな倒木の下に隠れていました。しばらくして村へ帰ってみると、悪者に襲われたのか、みんな死んでしまっていたのです。そこで村はずれに家を建て、おまえとふたりで暮らしていたというわけです。でも悪者たちはまだ誰か生きているのではないかと思い、様子を見に来たのでしょう。これからは私の言う通りにしなさい」と言って、お腹いっぱい私にごちそうを食べさせてくれました。そして「今食べたら、朝ご飯は外の木のところにあるからね」と言って、家の隅に穴を掘り、そこに私を入れて上から干し草で覆い、目だけが見えるようにしてくれました。そして姉はひとりで食事をして泣きながら歌を唄いました。歌の内容は「私はひとりで暮らしている」というものでした。そのうちに3人の男が山刀をふりかざして入って来て、姉が本当にひとりで暮らしているのかを確認すると「飯炊きをさせるために連れて行こう」と相談し合い、泣いて嫌がる姉を無理矢理連れて行ってしまいました。

 私は朝までじっとしていて、翌朝外に出て姉の言った通りご飯を食べました。川の川上川下を見渡していると、突然片肌を脱いだ男性が走ってやって来て私の頭をなで、私を担ぎ上げて石狩川をさかのぼって行きました。そして源流が接するユペッ川を下って行きました。ユペッ川筋の村にある一軒の家に入って行くと、おじいさんとおばあさんがいて「息子よ、こんなにかわいい子をどこから連れて来たのだ」と聞き、食事をさせてくれたり色々と世話をしてくれました。でも姉のことは恐いので黙っていました。私を連れて来てくれた男性を「兄さん」と呼んで、狩りについて行ったりしながら私は成長していきました。
 私が成長すると、老夫婦は改めて私に連れて来られるまでのいきさつを尋ねました。そこで今までのこと、姉のことを説明すると「石狩の川上の村が襲われたという噂を聞いていたが、おまえはその村の村長の子供なのだな。これから石狩川の下流の村に行き、親の仇を取ってお姉さんを探しなさい」と言ってくれました。

 兄と、力自慢の村人たちと一緒に出かけて行き、一軒の家にたどりつきました。私がひとりで家に入って行くと、家の男たちは寝ていました。寝ていた女性は着物の袖の穴から私を見て「弟ではないのかい」と言って飛び起きました。そこで姉に私の仲間が大勢来て隠れているのだと告げました。それから兄たちは神に祈り、村には血のかたまりが落ち、村人たちはみんな寝入ってしまい、悪者たちの喉を切って殺してしまいました。
 実の父の村から奪われたものを取り返し、父たちの供養をしました。姉を連れてユペッの村に戻ると、老夫婦が喜んでくれました。姉をさらって行った男のひとりは姉を嫁にしようとしていて、悪い男ではないと思ったので殺さずにおき、やがて姉と結婚してユペッの村で暮らすようになりました。老夫婦を見送ってからその息子である育ての兄も私も結婚して子供ができ、幸せにくらしました。
 子供たちに「自分たちはもともとユペッの人間ではないから、でしゃばることなくユペッの人たちと仲良く暮らしなさい」と言い置いて死んで行きますと、ひとりの男が物語りました。

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー